インプラント

インプラント治療をお考えの方へ

インプラント治療は、40年以上の臨床実績がある治療法です。「第3の歯」と言われるほど、機能的にも見た目にも、自然の歯にもっとも近い再生治療です。
欧米をはじめ、世界中で数百万人が治療しており、日本でも最近、インプラント治療を受ける人が急速に増えています。

当院のインプラント治療

コンセプト

当院では、歯科医師・歯科技工士および歯科衛生士が、インプラント・審美歯科・矯正などの治療を高度なレベルで専門的に連携させ、総合的に捉えながら治療ゴールを目指す「インターディシプリナリー・アプローチ」を行っております。

当院のインプラントの3つの強み

ほとんどの患者さんにインプラントをご提供できます

当院では、他の歯科医院では治療が難しいとされているケースも含め、ほとんどの患者さんに対してインプラント治療ご提供することが可能です。例えば、糖尿病など全身疾患のある患者さんでも、症状がコントロールされていればインプラントをご提供できます。他院でインプラント治療は難しいと言われた方は、ぜひ一度ご相談ください。

お口の状態に合わせて、最適な治療を行います

当院では、患者さんに対して最適な治療を行うことを第一に考えています。そのため、一定のメーカーのインプラントだけを導入するのではなく、世界で認められた様々なインプラントメーカーの製品を取りそろえて、ベストな組み合わせを考えながら治療を行っています。

指導的立場にいる歯科医師と歯科技工士のチームワーク

院長の栗林は、国内外で認められた実績と技術の持ち主です。患者さんに最適なインプラント治療をご提供しています。
また、当院の歯科技工士も、講演会などで講師を務める高いレベルの専門家です。
指導的立場にいる2人のプロフェッショナルが、難症例への対応や咬み合わせを精密に計算したインプラント治療を実現しています。

インプラント治療のメリット
  • 見た目にも自然な美しさ
  • 食事を楽しめる、噛む力・味覚の維持
  • 健康な歯に負担をかけない
  • 入れ歯などによくある、違和感・異物感の解消

他の治療との違い

治療法 インプラント
審美性
噛む力
口内衛生 優れる(手入れ要)
耐久性 優れる(手入れ要)
健康な歯を削る なし
違和感 なし
顎骨がやせる なし
手術 あり(抜歯程度)
診療形態 自由診療
治療期間 6~24週間程度
治療法 入れ歯
審美性
噛む力
口内衛生 不衛生になりやすい
耐久性 合わなくなることが多い
健康な歯を削る なし
違和感 あり
顎骨がやせる やせる
手術 なし
診療形態 保険診療
(見映えの良いものは、自由診療となります)
治療期間 2週間~2ヶ月
治療法 ブリッジ
審美性
噛む力
口内衛生 不衛生になりやすい
耐久性 両隣の歯に負担
健康な歯を削る 両隣の歯に負担
違和感 少ない
顎骨がやせる やせることがある
手術 なし
診療形態 保険診療
(見映えの良いものは、自由診療となります)
治療期間 2~3週間

インプラント治療の種類

2回法

手術を2回行う方法です。1回目の手術でインプラントを歯肉の中に埋め込みます。インプラントと骨が結合するまで3~6ヶ月間待ち、2回目の手術で被せ物をセットします。

1回法

歯肉を切開する手術を1回だけ行う方法です。まず2回法と同様にインプラントを埋め込みます。ただし、インプラントはワンピースタイプのものを使用し、土台は歯肉の上に露出させた状態にします。その後、インプラントと骨が結合するのを待ち、被せ物を装着します。

抜歯即時埋入

通常インプラント治療をする場合は、歯を抜いた穴が治るまで待ってから処置を開始しますが、抜歯即時埋入では、歯を抜いたその日にインプラントを入れることができます。
ただし、全ての患者さんに適応できるわけではありませんので、一度診察を受けた上でご相談ください。

インプラント治療の流れ

1.カウンセリング・初診

2.診査・診断

3.治療についての説明

4.インプラントの手術

5.仮歯の装着

6. 最終補綴物の装着

7.メンテナンス・アフターケア

インプラント周囲炎について

インプラント周囲炎とは、歯の周りで歯周病が起きるように、インプラントの周辺で起きる炎症のことです。原因やメカニズムは歯周病と同じですが、歯周病以上に気づきにくいのが特徴です。治療しないで放置していると、最終的にはインプラント周囲の骨がなくなって、インプラントが抜け落ちてしまいます。
インプラントは本物の歯より細菌感染に弱いので、インプラント治療が終わった後も、定期的にメンテナンスに通うことが重要です。

骨再生療法とは

インプラント治療は、骨が十分にないとできません。歯周病や事故などで、歯を支えている骨がない場合には、骨再生療法により骨を再生させて、インプラント治療を行います。

骨再生治療の種類

GBR

幅が薄かったり高さがなかったりする骨を、インプラントの埋め込みが可能なサイズの骨にする再生治療です。骨を増やしたい部分に充填剤を置き、その上から特殊な専用膜を使用し、骨の再生を促していきます。

ソケットリフト

上顎の骨の一部を、器具を使ってずらすことにより、インプラントを埋め込む深さを確保する方法です。外科処置の範囲を最小限に抑えながら、骨の厚みを作ることができます。

サイナスリフト

上顎の奥にある空洞に隣接する歯肉をはがし、そこに骨充填剤を注入することでインプラントを埋め込むための骨の厚みを作る方法です。高度な技術が必要となる手術です。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、横浜市にある
栗林歯科まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 栗林歯科