義歯(入れ歯)・ブリッジ

義歯(入れ歯)にお悩みはありませんか?

入れ歯を作ったものの、痛みがあったりよく外れてしまったりと、お悩みではありませんか?また、以前は問題なかったけれど、最近痛みが出てきたり、入れ歯が合っていないと感じたりすることはありませんか?

合わない入れ歯を使い続けていると、トラブルの元になります。違和感がある場合は、お早目にご相談ください。よりフィットする入れ歯を考えていきましょう。

義歯(入れ歯)の種類

メタルサポート義歯(金属床)

コバルトクロム・チタンなど、様々な金属を精密鋳造している入れ歯です。強度はありますが、入れ歯を薄くすることができるので、痛みが少なく、装着感が良いです。
金属を使用しているため熱伝導が良く、食事をおいしくいただけるのがメリットです。
部分入れ歯にも総入れ歯にも対応可能です。

ノンクラスプデンチャー

金属の連結部分やバネのない入れ歯です。金属を使用せず、半透明な素材でできているため、歯ぐきの色と同化しやすく、審美面で優れています。軽くて弾力性もあります。
部分入れ歯に対応する治療法です。

インプラントオーバーデンチャー

数本のインプラントに、インプラント用の入れ歯を固定する治療法です。しっかりとフィットするので、通常の入れ歯で起こりやすい「ずれる」「ガタつく」などのトラブルがなく、食物をしっかりと噛むことができます。審美面も優れていますが、外科手術が必要になります。

当院のお勧め義歯(入れ歯)

歯をすべて失ってしまった場合

歯が全くない方の場合は、インプラントサポートによるオーバーデンチャーがお勧めです。オーバーデンチャーでは上顎の部分をくり抜いた入れ歯を装着することができるので、発音がしやすく、より本物の歯に近い感じを出すことが可能です。
下顎も、通常の入れ歯では固定するのが難しいケースもありますが、オーバーデンチャーならしっかりと留められるので、入れ歯の動きが抑制できます。噛む力が強くなって、より食事を楽しむことができます。

部分入れ歯の場合

部分入れ歯の場合は、ノンクラスプデンチャーがお勧めです。金属を使用しないので、金属アレルギーの方でも使用でき、お口の粘膜にもやさしいです。
審美性が高く、部分入れ歯をしていることにほとんど気付かれないでしょう。

自由診療素材で比較的安価なイボカップ義歯

保険適用以外の治療を受けたいけれど費用は抑えたいという方には、イボカップ義歯がお勧めです。イボカップ義歯とは、高密度プラスチックによる耐摩耗性・強度・衝撃に優れた義歯です。金属の場合、歯ぐきの状態の変化などがあれば作り直さなくてはいけませんが、イボカップ義歯ならプラスチックなので、状況に応じて入れ歯の形を変えていくことができます。

厚みはやや出ますが、壊れにくく、金属より安価に作ることができます。臭いと歯垢の付着が少なく、清掃もしやすくなっています。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、横浜市にある
栗林歯科まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 栗林歯科