スタッフ・書籍・論文紹介

院長紹介

栗林 伸之

略歴
神奈川歯科大学歯学部卒業
昭和大学医学部生理系生化学専攻(医学博士)
横浜市立市民病院歯科口腔外科
ハーバード大学歯科部(Research Scholar/Clinical Fellow)

ハーバード大学歯科部(Research Scholar/Clinical Fellow)

ジュネーブ大学歯学部口腔外科(Visiting Faculty Member)
聖路加国際病院歯科口腔外科(非常勤医)
Center of Implant Dentistry Japan Club(CID)顧問
International Team for Implantology(ITI)Fellow
講師
ハーバード大学 
神奈川歯科大学
SDS Course・Continuing Education Course
専門分野・所属学会
Academy of Osseointegrtion(USA)
Academy of Laser Dentistry(USA)
European Association for Osseointegration(EU)
ITI 国際インプラント・再生医学学会フェロー・インプラント指導医
公益社団法人 日本口腔インプラント学会 専門医

院長挨拶

インプラントは、いまや歯を失った場合の治療の選択肢として、非常に身近なものになりました。多くの歯科医師がインプラント治療を行い、成功させ、良い結果を出しています。それには、インプラントそのものの品質の向上と、治療術式の確立が大きく寄与していると思います。

私は、もともと口腔外科治療を専門にしており、インプラントに対しては否定的な考え方をしていました。インプラントの術式自体が現在のように一般的に確立されていなかったために、治療後にインプラント周囲炎などをおこし、更なる外科処置を必要とする患者さんを数多く診てきたことも理由の一つでした。ただ、否定するならばその根拠が必要と考え、世界中の文献や資料を読み、また海外での最先端のインプラント治療を見学しました。

インプラント治療を学ぶにつれて、的確な診査・診断、そして適切な手術法の選択など、歯科医師の知識と技術が伴えば、歯科治療の一つとして素晴らしい効果を得ることができると確信しました。

現在は、スイス・ジュネーブ大学で研究と教育を行い、また海外での講演活動などを通し日々研鑽し、患者さんにより良いインプラント治療をご提供しています。 国内では、実技を兼ねた講演会なども多数実施しており、日本の先生方に知識と技術をお伝えし、世界水準のインプラント治療を広めています。

骨萎縮のため、他の歯科医院や大学病院などでインプラントが無理だと判断されたような患者さんに対しても、当院ではご満足いただける結果を出しています。また、ご紹介で、骨の再生・移植などといった、骨を作っていく治療を受けることも多数あります。

当院では、初回のカウンセリングに力を入れ、患者さん一人一人のお口の状態のみならず、身体全体のことや、生活習慣などをしっかりと把握した上で、最適な治療法をご提案いたします。

歯科治療で何よりも大切な、最後まで治療に通いきることができるよう、私たちとの信頼関係を築きながら、無理なく通院していただける方法も考えます。
ディスカションを通して、ご希望に応じた様々な治療法を提案しながら、治療を進めてまいります。

おかげさまで、今では親子孫3代で通ってくださる方や、遠方からわざわざお越しいただく患者さんもおり、そうした地域の方や、本当に困っている方のお役に立てていると自負しております。

特に、インプラントを諦めていた方、インプラントは無理と言われた方には、「来て良かった」というお声をよくいただいております。

インプラントは、歯を失ってしまった方にとっての希望です。
お悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

栗林歯科 院長
栗林伸之(くりばやし・のぶゆき)

歯科医師紹介

歯科医師 栗林 亜希

歯科医師 岩垂 華七子

矯正専門医 伊藤 公一

略歴
  • 国立大学法人東京医科歯科大学歯学部卒
  • 同附属病院 前客員臨床講師(矯正歯科)
  • 博士(歯学)日本矯正歯学会認定医

補綴専門医(非常勤)小田切 憲

書籍紹介

インプラント辞典
GlossaryofOralandMaxillofacialImplants
著者:William R. Laney=編(クインテッセンス出版)訳者

Ultimate Guide IMPLANTS CONTENTS(医歯薬出版)
第5章 オーグメンテーションを用いたインプラント埋入手術
:サイナスリフトを用いたインプラントの埋入 P196-215

雑誌紹介

無歯顎患者への新たな治療コンセプト
[ 著者 ] 木原 和喜・栗林 伸之
[ 掲載誌 ]インプラントジャーナル 65号09ー40頁/2016年3月発行

周囲組織の長期安定を目指したインプラント治療
[ 著者 ] 栗林 伸之
[ 掲載誌 ] インプラントジャーナル 64号07ー38頁/2015年11月発行

好評連載:審美修復治療のマネジメント
無歯顎およびマルチプルの荷重プロトコール
[ 著者 ] 栗林伸之・植松厚夫・北原信也
[ 掲載雑誌 ] 補綴臨床 47巻2号167ー186頁/2014年3月発刊

好評連載:審美修復治療のマネジメント
インプラント埋入のタイミング, 荷重のタイミングを再考する

[ 著者 ] 栗林伸之・植松厚夫・北原信也
[ 掲載雑誌 ] 補綴臨床 47巻1号31ー48頁/2014年1月発行

インプラントYEAR BOOK 2010:Straumannデンタルインプラントシステムを使用した審美領域における臨床ケース
[ 著者 ] 栗林伸之
[ 掲載誌 ] 別冊 ザ・クインテッセンス インプラントYEAR BOOK 2010121頁/2010年2月発行

Trend&Topics:Extension Crestテクニックによる水平的骨造成法
-適応症例およびテクニックを学ぶ-
[ 著者 ] 栗林伸之/中島 康/勝山英明
[ 掲載誌 ] Quintessence DENTAL Implantology(QDI)13巻3号29頁/2006年5月発行

新器材・新テクニック
抜歯即時インプラント:When,where and how?
[ 著者 ] 栗林伸之・Alex Schar・月岡庸之・新村昌弘・勝山英明
[ 掲載雑誌 ] 補綴臨床 35巻6号650頁/2002年11月発行

包括的インプラント治療のための戦略的治療計画
−手術術式選択のガイドライン-
[ 著者 ]月岡庸之/勝山英明/新村昌弘/栗林伸之
[ 掲載誌 ] 補綴臨床 36巻1号58頁/2003年1月発行

論文紹介(和文)

1. 抜歯窩インプラントの骨レベルの臨床的検討:エックス線評価による3年間の経過観察
[ 著者 ] 栗林 伸之,高野 清史,植松 厚夫,勝山 英明
[ 掲載誌 ] 日本口腔インプラント学会誌 20巻4号644-650頁/2007年12月発行

2. サンドブラスト酸表面処理インプラントの臨床評価:1,824本の3年の分析
[ 著者 ] 新村昌弘/北条正秋/月岡庸之/栗林伸之
/高野清史/岡田素平太/稲田和徳/勝山英明
[ 掲載誌 ] 日本口腔インプラント学会誌 20巻2号60頁/2007年6月発行

論文紹介(英文)

1. M. Iida, H. Doi, S. Asamoto, H. Sugiyama, H. Sakagami, S. Shioda, N. Kuribayashi, M.Takeda, Y. Okamura, K. Matsumoto. Establishment and characterization of human
immature teratoma cell line(TES-1). Anticancer Res 1999;19:1933-1940.

2. M. Iida, H. Doi, S. Asamoto, H. Sugiyama, N. Kuribayash, H. Sakagami, M. Takeda, K.Matsumoto.
Endonuclease activity and hydrogen peroxid-induced cytotoxicity in human glioblastoma and glioma cell lines. Anticancer Res 1999;19:1253-1240.

3. H. Sakagami, K. Satoh, N. Fukuchi, T. Kadofuku, K. Gomi, K. Nakamura, N.
Kuribayashi, S. Sunaga, N. Hirota, M. Iida, Y. Makino, T. Kojima, H. Shimura, M.
Takeda. Effect of methionine depletion on growth and apoptosis in various tumor cell
lines. Anticancer Res 1997;17:2407-2410.

4. M. Iida, S. Sunaga, N. Hirota, N. Kuribayashi, H. Sakagami, M. Takeda, K. Matsumoto. Effect of glutathione-modulateing compounds on hydrogen-peroxide- induced cytotoxicity in human glioblastoma and glioma cell lines. J Cancer Res Clin Oncol 1997;123:619-622.

5. H. Sakagami, N. Kuribayashi, M. Iida, T. Hagiwara, H. Takahashi, H. yoshida, F.
Shiota, H. Ohata, K. Momose, M. Takeda. The requirement for and mobilization of calcium following indications by sodium ascorbate and by hydrogen peroxide of cell death. Life sciences 1996;58:1131-1138.

6. H. Sakagami, K. Satou, H. Ohata, H. Takahashi, H. Yoshida, M. Iida, N. Kuribayashi, T.Sakagami, K. Momose, M. Takeda. Relationship between ascorbyl radical intensity and apoptosis inducing activity. Anticancer Res 1996;16:2635-2644.

7. N. Kuribayashi, H. Sakagami, M. Takeda. Chromatin structure and endonuclease
sensitivity in human leukemic cell lines. Anticancer Res 1996;16:1225-1230.

8. H. Sakagami, N. Kuribayashi, M Iida, T. Sakagami, M. Takeda, K. Fukuchi, K. Gomi, H. Ohata, K. Momose, Y. Kawazoe, T. Hatano, T. Yoshida, T. Okuda. Indication of
DNA fragmentation by tannin and lignin related substances. Anticancer Res
1995;15:2121-2128.

9. F. Yanagisawa-Shiota, H. Sakagami, N. Kuribayashi, M. Iida, T. Sakagami, M. Takeda. Endonuclease activity and indication of DNA fragmentation in human myelogenous leukemic cell lines. Anticancer Res 1995;14:259-266.

10. N. Kuribayashi, H. Sakagami, T. Sakagami, E. Niimi, D. Shiokawa, M. Ikekita, M.
Takeda, S. Tanuma. Indication of DNA fragmentation in human myelogenous leukemic
cell lines by sodium 5,6-benzylidene-L-ascorbate and its related compounds.
Anticancer Res 1994;14:969-976.

11. S. Fujinaga, H. Sakagami, N. Kuribayashi, H. Takahashi, Y. Amano, T. Sakagami,
M.Takeda. Possible role of hydrogen peroxide in apoptosis inducation by ascorbic acid
in human myelogenous leukemic cell lines. Showa Univ J Med Sci 1994;6:135-144.

12. N. Kuribayashi, S. Rahban, H.C.C. Ng, F. Chan, P.S. Wan, G. Siu, J-P. Bernard. Soft dilatation, a new
concept of expansion of atrophied alveolar ridge: A one-year follow-up report of a multicenter study. J Clin
Periodontol. 2012; ep7 (suppl) : 232.

13. N. Kuribayashi, S. Rahban, J-P Carrel, J-P, Bernard. Three-year clinical evaluation of a new
progressive bone augmentation technique for implant placement in narrow alveolar ridges. Int Poster J
Dent Oral Med 2013, Osteology.

その他

 
 

国内学会(インプラント)専門医

サフィティケート

 

国際学会(インプラント)指導医

サフィティケート

 

ハーバード大学歯学部CEコース

インストラクター

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、横浜市にある
栗林歯科まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 栗林歯科