横浜市のインプラント | 保土ヶ谷区の栗林歯科
HOME>最先端インプラント

治療の流れ

インプラント治療の流れ

インプラント治療でもっとも大切にしている事は、治療前に行う患者さんとの綿密な話し合いです。インプラント治療がどのようなものなのか、当院がご提供する治療方法は、患者さん自身の口腔内の状況をご説明し、検査や模型によるシミュレーションによるしっかりとした説明を行いご納得いただいた上で治療を開始します。

 

口腔内が健康な状態でなければ、インプラントの効果も持続しにくいので、インプラント治療の前に虫歯や歯周病などの治療を行います。

 

また、一度に必要なインプラント治療を行うだけでなく、段階的な治療計画を作成するケースもあります。歯周病が悪化しており口腔内の状態が悪い患者さんの場合は、歯がぐらついたり、抜けそうな歯を治療しながら計画的にインプラントに変更していくというプランニングを行うケースもあります。


■事前の検査、コンサルテ--ション

検査 STEP1    治療についての事前説明

最初に、患者さん一人一人のお口の状態を、全体的に調べさせて頂き、現状の把握後に治療のご希望とご要望を確認し、治療アウトラインを説明いたします。

↓
インフォームドコンセント STEP2 精密検査

 

まず、レントゲン撮影します。インプラントの場合、軟組織・骨の状態を把握し安全な治療を行うために必要です。それから口腔内の模型を作成し分析を行います。

 

↓
治癒機関 STEP3 治療プランのご提案

使用するインプラントの種類や治療方法、仕上げ(補綴物)の方法などをご提案します。患者さんのご予算や治療にかけられる期間に合わせ、いくつかの選択肢をお出しすることになります。

 


 

■インプラント手術前の準備

  STEP1 口腔内のケア
手術後お口のなか全体の状態を整えてから治療に入ります。インプラント治療では口腔内の細菌が少ない状態で行わなければならないので、歯周病や虫歯などを徹底的に治療する必要があります。


■インプラント手術
手術 STEP1 手術

顎の骨にインプラントを埋める手術を行います専用の器具を使用して、純チタンのインプラントを骨に埋め込んでいきます。インプラントを埋め込むときに摩擦熱のために骨の組織が傷ついてしまうことがありますので、最新の注意をはらい、正しい位置と深さにゆっくりと埋めていく必要があります。歯科医師のテクニックひとつで、その後インプラントが長持ちするかどうかが決まります。埋め込んだあとに、骨がしっかりとインプラントに結合するまで、数週間の期間を要します。

 

↓
 STEP2 インプラントと骨の結合

埋め込んだインプラントが顎の骨とするまで時間をおきます。この間、仮歯などで埋め込んだ部分を保護します。

↓

 STEP3 二次手術と、歯の再建

 

埋め込んだインプラントが顎の骨にしっかりと結合したら、土台の再建、そして被せ物による歯の再建を行います。土台の材質、歯の材質などは患者さんのご要望に合わせて選択していただけます。

 

 



■定期的なメンテナンス

メインテナンス STEP1 メンテナンス

インプラントは身体にとっては異物が体に入る手術です。安定した状態を維持するためには定期的なメンテナンスが必要になります。当院では、歯科医師が歯ぐきの状態などを診断し異常がないかを確認、その後レントゲンにより骨の状態を確認します。
異常がなければ、衛生士によって、すべての歯のフロッシングを行い歯をきれいな状態にします。
また患者さんご自身の毎日の歯ブラシやフロッシングによるケアの状態を確認させていただき、もっと丁寧にケアして頂いたほうが良い場合には、ご指導させていただきます。

問い合わせ