横浜市のインプラント | 保土ヶ谷区の栗林歯科
HOME>医院紹介

書籍紹介

書籍
インプラント辞典
GlossaryofOralandMaxillofacialImplants

著者:William R. Laney=編(クインテッセンス出版)訳者
Ultimate Guide IMPLANTS CONTENTS (医歯薬出版)
第5章 オーグメンテーションを用いたインプラント埋入手術
:サイナスリフトを用いたインプラントの埋入 P196-215
雑誌
無歯顎患者への新たな治療コンセプト

[ 著者 ] 木原 和喜・栗林 伸之
[ 掲載誌 ]

インプラントジャーナル 650940/20163月発行

周囲組織の長期安定を目指したインプラント治療

[ 著者 ] 栗林 伸之
[ 掲載誌 ] インプラントジャーナル 640738/201511月発行
好評連載:審美修復治療のマネジメント
無歯顎およびマルチプルの荷重プロトコール

[ 著者 ] 栗林伸之・植松厚夫・北原信也
[ 掲載雑誌 ] 補綴臨床 47巻2号167ー186頁/2014年3月発刊
好評連載:審美修復治療のマネジメント
インプラント埋入のタイミング, 荷重のタイミングを再考する

[ 著者 ] 栗林伸之・植松厚夫・北原信也
[ 掲載雑誌 ] 補綴臨床 47巻1号31ー48頁/2014年1月発行
インプラントYEAR BOOK 2010 : Straumannデンタルインプラントシステムを使用した審美領域における臨床ケース

[ 著者 ] 栗林伸之
[ 掲載誌 ] 別冊 ザ・クインテッセンス インプラントYEAR BOOK 2010121頁/2010年2月発行
Trend&Topics:Extension Crestテクニックによる水平的骨造成法
-適応症例およびテクニックを学ぶ-

[ 著者 ] 栗林伸之/中島 康/勝山英明
[ 掲載誌 ] Quintessence DENTAL Implantology(QDI)13巻3号29頁/2006年5月発行
新器材・新テクニック
抜歯即時インプラント:When,where and how?

[ 著者 ] 栗林伸之・Alex Schar・月岡庸之・新村昌弘・勝山英明
[ 掲載雑誌 ] 補綴臨床 35巻6号650頁/2002年11月発行
包括的インプラント治療のための戦略的治療計画
−手術術式選択のガイドライン-
 
[ 著者 ]月岡庸之/勝山英明/新村昌弘/栗林伸之
[ 掲載誌 ] 補綴臨床 36巻1号58頁/2003年1月発行
 
論文
1. 抜歯窩インプラントの骨レベルの臨床的検討:エックス線評価による3年間の経過観察
[ 著者 ] 栗林 伸之,高野 清史,植松 厚夫,勝山 英明
[ 掲載誌 ] 日本口腔インプラント学会誌 20巻4号644-650頁/2007年12月発行
2. サンドブラスト酸表面処理インプラントの臨床評価:1,824本の3年の分析
[ 著者 ] 新村昌弘/北条正秋/月岡庸之/栗林伸之
/高野清史/岡田素平太/稲田和徳/勝山英明
[ 掲載誌 ] 日本口腔インプラント学会誌 20巻2号60頁/2007年6月発行
論文(英文)
1. M. Iida, H. Doi, S. Asamoto, H. Sugiyama, H. Sakagami, S. Shioda, N. Kuribayashi, M.Takeda, Y. Okamura, K. Matsumoto. Establishment and characterization of human
immature teratoma cell line (TES-1). Anticancer Res 1999;19:1933-1940.
2. M. Iida, H. Doi, S. Asamoto, H. Sugiyama, N. Kuribayash, H. Sakagami, M. Takeda, K.Matsumoto.
Endonuclease activity and hydrogen peroxid-induced cytotoxicity in human glioblastoma and glioma cell lines. Anticancer Res 1999;19:1253-1240.
3. H. Sakagami, K. Satoh, N. Fukuchi, T. Kadofuku, K. Gomi, K. Nakamura, N.
Kuribayashi, S. Sunaga, N. Hirota, M. Iida, Y. Makino, T. Kojima, H. Shimura, M.
Takeda. Effect of methionine depletion on growth and apoptosis in various tumor cell
lines. Anticancer Res 1997;17:2407-2410.
4. M. Iida, S. Sunaga, N. Hirota, N. Kuribayashi, H. Sakagami, M. Takeda, K. Matsumoto. Effect of glutathione-modulateing compounds on hydrogen-peroxide- induced cytotoxicity in human glioblastoma and glioma cell lines. J Cancer Res Clin Oncol 1997;123:619-622.
5. H. Sakagami, N. Kuribayashi, M. Iida, T. Hagiwara, H. Takahashi, H. yoshida, F.
Shiota, H. Ohata, K. Momose, M. Takeda. The requirement for and mobilization of calcium following indications by sodium ascorbate and by hydrogen peroxide of cell death. Life sciences 1996;58:1131-1138.
6. H. Sakagami, K. Satou, H. Ohata, H. Takahashi, H. Yoshida, M. Iida, N. Kuribayashi, T.Sakagami, K. Momose, M. Takeda. Relationship between ascorbyl radical intensity and apoptosis inducing activity. Anticancer Res 1996;16:2635-2644.
7. N. Kuribayashi, H. Sakagami, M. Takeda. Chromatin structure and endonuclease
sensitivity in human leukemic cell lines. Anticancer Res 1996;16:1225-1230.
8. H. Sakagami, N. Kuribayashi, M Iida, T. Sakagami, M. Takeda, K. Fukuchi, K. Gomi, H. Ohata, K. Momose, Y. Kawazoe, T. Hatano, T. Yoshida, T. Okuda. Indication of
DNA fragmentation by tannin and lignin related substances. Anticancer Res
1995;15:2121-2128.
9. F. Yanagisawa-Shiota, H. Sakagami, N. Kuribayashi, M. Iida, T. Sakagami, M. Takeda. Endonuclease activity and indication of DNA fragmentation in human myelogenous leukemic cell lines. Anticancer Res 1995;14:259-266.
10. N. Kuribayashi, H. Sakagami, T. Sakagami, E. Niimi, D. Shiokawa, M. Ikekita, M.
Takeda, S. Tanuma. Indication of DNA fragmentation in human myelogenous leukemic
cell lines by sodium 5,6-benzylidene-L-ascorbate and its related compounds.
Anticancer Res 1994;14:969-976.
11. S. Fujinaga, H. Sakagami, N. Kuribayashi, H. Takahashi, Y. Amano, T. Sakagami,
M.Takeda. Possible role of hydrogen peroxide in apoptosis inducation by ascorbic acid
in human myelogenous leukemic cell lines. Showa Univ J Med Sci 1994;6:135-144.
12. N. Kuribayashi, S. Rahban, H.C.C. Ng, F. Chan, P.S. Wan, G. Siu, J-P. Bernard. Soft dilatation, a new
concept of expansion of atrophied alveolar ridge: A one-year follow-up report of a multicenter study. J Clin
Periodontol. 2012; ep7 (suppl) : 232.
13. N. Kuribayashi, S. Rahban, J-P Carrel, J-P, Bernard. Three-year clinical evaluation of a new
progressive bone augmentation technique for implant placement in narrow alveolar ridges. Int Poster J
Dent Oral Med 2013, Osteology.
問い合わせ